24オプションとう業者の利用価値



いかにリスクを抑えるかが勝利を呼ぶ!

 大きな利益獲得も夢ではないFX投資。
ですが投資である以上、FXには“損失リスク”もついて回ります。

皆さんご承知の通り、為替相場の動きを常に正確に予測していくことは…残念ながらできません。従ってFX投資では、稼げることもあれば、損をすることだってあるわけです。

そこで、考えたいのは「どうしたら損失額を減らせるか」ということ!

最終損益を“プラス”にするには(儲けが損を上回るようにするには)、とにもかくにも「損を少なく抑える」ということが肝心なため、FXでは何より損を減らす工夫が欠かせないのです。

FXでは、相場の予想を外してしまうと“損失”が発生します。

ですから損を減らすには、まず勘に頼った“計画性のない・根拠のない取引”は決してしないこと。相場分析・予想をしながら取引を進めることが大切です。しかしながら上記でも述べたように、未来の透視能力でもない限り、相場がこの先どう動くかを100%の精度で当てることは“誰にもできない”こと…。いくら頑張ってチャート分析をしたり、経済情報をあつめたりしたところで、損を100%避けることはできないのです。

だからこそ、損を減らすための“積極的な損失対策”が必要!
投資を行う過程では、どこかで必ず損が出るのですから、その損失額を減らすための対策をシッカリとっていくことが大切になるわけです。

なお、損失対策として行うべきことは…「資金管理」と「低リスク取引の実践」!

具体的には、投資資金がスグに尽きてしまわないよう、1回1回の取引に投じる金額を少なめにすること、レバレッジをむやみに高く設定しないこと、そして早めの損切りで損失を最小限に食い止めるようにすることなどが挙げられます。

とりわけ、きちんと取り組みたいのが「早めの損切り」です!

損切りは、要は「自ら損を確定させる」行為。
そのため損切りをすることには抵抗を感じる方も多く、とくに投資初心者の間では「損切り後に相場が復調したらショックだ…」などとして、損切りを避ける傾向さえ見受けられます。

確かに…損切り直後に相場が反転しないとは限らず、早めの損切りを実行したせいで(損切りをしなければ免れられたはずの)無駄な損を出してしまうケースも起こり得ないとは言えません。
しかし「損切りをして後で後悔するのは嫌だな…」などと言って損切りを渋っていると、その間に損がどんどん膨らみ、結果的に大損に繋がってしまうケースのほうが断然多いのです。

ですから、損切りはなるべく早い段階で行うのが鉄則!
早めの損切りを徹底し、損失額を小さく抑えていきましょう。
最終損益をプラスにすることだけを考え「途中で生じた小さな損についてはイチイチ気にしないこと」、これが損切りを上手く実施するコツですね!

また、取引での失敗を抑えたいのなら、取引回数自体を抑えるという手もあります。
その場合には、為替差益を狙って頻繁に売買を繰返すのではなく、「金利差益を狙った長期取引」に取組むことを検討してみると良いでしょう。

FXでは、為替相場の変化を利用して“為替差益”を稼ぐ方法が一般的ですが、もうひとつ(例えば豪ドルのような高金利通貨を日本円に代表される低金利通貨で買うことにより)“金利差益”を稼ぐという方法もあるのです。

この“金利差益”を稼ぐ取引手法は、通貨間に生じた金利差を「スワップポイント」として日々受け取り利益を積み重ねていくというもの。この手法では、(ポジションの保有を続けてこそ継続的にスワップポイントの獲得ができて利益が増えるため)“長期取引”が基本スタイルになることから、取引での失敗や手数料を少なく抑えやすく…為替差益狙いで短期売買を繰返す場合に比べて低リスクで取組めると言われています。

よって、ユトリをもち・リスクを抑えつつ取引をして行きたいのなら、為替差益ではなく“金利差益を狙った長期取引”をFX投資の軸に据えてみることもぜひ検討してみてください。


カテゴリー

差を付ける情報

ナビ